ビバリウムケージ製作

ヤドクガエルを飼えるのかはさて置き、

ケージだけでも作成してみることにしました。

ヤドクガエル飼育へのハードルが

下がったわけではありませんが 、

ツノガエル飼育に使っても良いし、

アマガエルを飼ってもいいでしょう。

予算はあまりかけられないので、

既存の30cmCUBEを使って製作したいと思います。

 

通気用のパンチングは、

小型の生き餌だと通過してしまうので、

金属網戸のメッシュを使用したいと思います。

塞がったり痛んだりすることを考えて、

脱着可能にしたいです。

底面の水抜きは、配置場所の関係から横抜きとし、

そのままキャビネットへ導水します。

フタ部分も、ガラスと網部、

それぞれ着脱式にします。

隙間ができないように、

うまくハメられる工夫が必要です。

扉は前面で引き違いタイプ、

3mmガラスで、

取り外し可能なように製作します。

うまく作れたら、

もっと大きなものや、

背の高いものを作りたいと思いますが、

そちらは、アルミでフレームを組んで

製作することになりそうです。

つづく

広告