そうだ駒草園にいこう

気分リフレッシュということで、

駒草園に遊びに行ってきました。

  
マスターは水草の鉛巻作業中。

こういう作業を

まじまじと見られるっていうのも、

駒草園ならではです。

  

作業中のマスターと店内を物色するばんきん。

しかし、終始おしゃべりは止みません。
  
今回のテーマは、

生物濾過と照明。とWindows10。

お互いの最新情報を交換し合い、

新しいアイディアを練ります。

  
最近のマスターのお悩みは、

水の透明度をBlogで伝えきれないこと。

上の写真の90cm水槽は、

お魚が200匹入ってます。

  
濾過は煙突1本。

  
エアレーションは主に水面の揺らぎ用。

  
この水量で、煙突1本なんですよ。

500匹入れたかったって言ってたけど、

楽勝でしょうね。

  
透明度、伝わるかなぁ?

このままカレンダーにしたいぐらいの

美しい水槽です。

実は、驚きの照明設備で

揺らぎを水槽内に演出しているのですが、

それは、行った人だけのお楽しみ。

   

奥にはミニプッシープレコの子供が

いっぱいいました。

  
青い天使の子供達。

 
後ろから自然光が当たって、

水は一層煌めいて見えます。

やっぱり伝えきれないので、

一度足を運んでみては。

追伸

180cmを煙突1本で維持したいんだけど。

って言ったら、

大丈夫。

うちにあったときは1本で維持してたでしょ。

水槽全体がろ過装置だから。って

うん、納得。

安心して立ち上げられる。

ブログランキング・にほんブログ村へ

広告

そうだ駒草園にいこう」への4件のフィードバック

  1. マスター会いたいな~。

    あの透明度は本当に半端無い。
    またばんきんさんとマスターの面白会話聞きたいです(笑)

  2. 是非訪れたい日本の聖地の一つですね~
    そしていっぱいお話ししたい!

    水槽全体が濾過器、同感です。
    うちもフィルター着けてるけど、微妙にしか水が動いてない水槽が多いです。
    目詰まりしてから調子がよくなるので外そうかとも思うけど、Co2添加やクーラーのために着けているといった感があります。

    1. 何時間でも話していられますよ。
      とにかく綺麗な水なので、
      種水として、水を売ったらいいと思います。
      立ち上げ時にそれを入れれば、
      最強のバクテリアがすぐに活動してくれますから。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中