でっかい水槽を立ち上げる。水槽準備編

30cmCUBEを3つにまで減らしたんですが、

数があるのって手間がかかるんですよね。

いろんな水景をコンパクトに

所持できるっていうのは魅力的なんですが。

じゃぁ、もう、一つにまとめちゃおうってお話。

今回用意したのはこちらの水槽

こんな感じで譲り受けたのが3年前。

ついに始動です。

とりあえず、ひたすら研磨。

   

磨く。

 

ただ磨く。

  

ひたすらに磨く。

研磨剤をキレイに落とすために、

  

洗っては流す。

   

流しては溜める。

この水槽はオーバーフローなんですが、

排水管は接着していないので、

水を抜くのは簡単。

しかも空っぽの水槽なんて、

片手で持てちゃいます。

 

キレイな水を溜めて透明度のチェック。

これぐらいで良しとしよう。

もう磨くのはこりごりだ。

  
  

で、バックスクリーンを貼る。

  

前面以外はミラーにしてみました。

この水槽、180cmなんだけど、

高さ36cm、奥行き30cmと、

60cm水槽を3つ並べた特注サイズです。

この奥行き30cmがポイントで、

我が家のカウンターにピッタリ!

ただ、幅の割に奥行きが狭いので、

ミラーシートで奥行きをごまかしちゃおうと。

魚も2倍に見えるかもね。

このままでも良いんだけど、

いつものように、

水面が見えないように加工します。

水際の汚れを毎日掃除するなんて

とてもできないからね。

  

上下に白い塩ビで縁をつけました。

上の縁は厚めで、

水面付近の汚れ隠しはもちろんのこと、

水位を低くしていても違和感が出ない効果も。
  
地震対策で水槽縁下8cmの水位で行きたい。

それに水槽上の照明なども隠せます。

30CUBEと同じ方法ですが、

今回は塩ビ縁を接着して、

万が一地震で揺れて水槽を超える波が起きても、

塩ビ縁で防波するように、

防水性を持たせてみました。

ここまでの費用:
水槽0円
ピカール800円
研磨シート0円(寄付)
塩ビ縁0円(物々交換)
バックスクリーン2000円
ビール5000円以上(作業時に飲用)
接着剤と工具 自前

次回はカウンターの補強作業です。

下のヨイネボタンを押すと、

記事の更新がちょっとだけ早くなるらしいよ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中