続々 水槽が届いたので… “GEX AGS”

さぁ、続き行ってみよう!

アクアのアは、

アルゼンチンバックブリーカーのア!

ひ弱なサラリーマンに騙されちゃダメ!!

(実際は、結構筋肉質で、

かつ攻撃的なサラリーマンですよ!やつは!)

3回目の今日は、照明です。

まずは蓋。

プラ製の蓋です。

曲がりがほとんど無く信頼できますね。

余計な切り欠きが無いのも好印象。

照明がスッポリハマるように加工されています。

そう、電源ケーブルも埋め込めます!!

ここにコダワリを見せたメーカーは、

国内初ではないでしょうか!?

いくら照明本体がカッコよくても、

電源ケーブルがダサかったり、

それをキチンと仕舞えないようでは、

セットアップ後に残念なことになってしまいます。

照明単品でデザインするのでは無く、

設置したときのことを考えるのは

大切なことです。

そして、

オールインワンなセット販売だからこそ、

仕舞いをキチンと考えて設計されています。

照明一式です。

アダプターと、スイッチから本体が、

分離できるのは絶対条件!!

アダプターは、水槽台の穴を通らないから。

これが本体。

薄くてシンプルなLED!

チップは15個です。

側面に穴が開いていて、

リフトアップできる足が刺さりますよ。

30CUBEにも対応できます。

今回のセットでは必要ありませんが。

蓋にはめてみました。

ほほう!

きっちりハマりますよ!

本体もケーブルも埋め込めました。

載せてみると、

シンプルでかっこいい!

蓋と照明が一体に!

でもね、

ちょっと思ったんだ。

設計した人は、

本当は、

蓋を照明にしたかったんじゃないかって。

照明を蓋と一体化するんじゃ無くて、

蓋が照明になる、

そうしたかったんじゃないかって、

思いました。

蓋は後ろへスライドできるようになっているので、

餌やりや給水時は、

ちょこっと後ろへずらせばOK!

これは地味に便利ですよね。

すごく嬉しい仕様です。

この機構を実装するために、

水槽本体のガラス割りも計算してあるんですよ!

アクアリストの日常的な所作を、

よくわかっているなぁ。

蓋をどっかに置いておくのって、

水滴垂れるし、

持ち上げるのって、

片手ふさがるし、

ちょこっとずらせるって素敵だ。

続いて照明本体。

チップは白色LEDです。

こうやってみると、RGBな多色に見えるけど、

これは蓋のプラを透過した色合いで、

チップ自体は白色だと思われます。

続いて、

気になる明るさです。

アクアのメジャー種、

アクアスカイ301とあえて比較しましょう。

左がアクアスカイ301、

右が今回付属のCREAR LED POWER X 2030

(同じ設定で撮影)

もちろん、

30cm用のアクアスカイの方が明るいです。

だってチップが倍ついてますからね。

チップ自体もアクアスカイの方が大きいです。

GEXのチップはこんな感じ。

メーカースペックでは、

GEXは

300ルーメン

演色性Ra87

色温度8000K

照射角度120度

消費電力5.5W

アクアスカイは、

1550ルーメン

色温度7000K

消費電力17W

といった感じ。

チップ数が半分なのに、

ルーメン数が1/5なのに、

これだけ明るいんです。

(ルーメンで比較すべきなのか、

ルクスはどうなのかは、

ここでは触れないでおきます。)

なによりね、

h25cmだったら、

このぐらいの明るさで十分。

アクアスカイは、

30cm用だし、

リフトアップして使う仕様です。

h25にベタ置きだったら、

5.5W以上はオーバースペースになっちゃうよね。

自分はこれでいいけど、

強光マニア向けに、

2列配置できる蓋があっても良いかもね。

2つ並べると10Wだし、

それぐらいまでならね。

強光正義論者は多いしね。

重ね重ね、おいらはこれでも強いぐらいだし、

十分満足できます。

ケルビン数も好みです。

この照明、

結構高いので、

セットになっているのはお得ですな。

もう少し安かったら、

180cm水槽の10W投光器を、

この照明に入れ替えたいぐらい。

今日はこのぐらいにしておいて、

次回は仮設置して水を入れて回してみます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

広告

続々 水槽が届いたので… “GEX AGS”」への6件のフィードバック

  1. この蓋&LEDの一体感は秀逸・・・ですね。
    照明が納まった時のツライチ具合が堪りません(>_<)

    コードの仕舞いも、よく考えられていて申し分ない感じ。

    もう、このだけで『買い』ですねw

    1. すべてを専用に設計されているところが凄いこだわりですよね。随所に配された工夫も驚きです。

  2. はて、実は攻撃的なひ弱なサラリーマン??
    僕も心当たりあります(笑)

    自分が購入したような気になってしまうレビュー。見てるだけでワクワクしてきます。
    コード類を極力見せない作りは、加藤水槽さんパねーっすの一言です。
    二個ほど欲しくなってきましたw

      1. 匿名!!
        失礼しました。
        玄関入って左側・・・やっぱり二個が限界です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中