続 水槽が届いたので… “GEX AGS”

前回の記事はこちら

よし、続き行ってみよう。

前回は水槽と濾過槽を見てきたので、

今回は水槽の中をば。

とりあえず、水槽を濾過槽に載せてみました。

ガイドがあるのできちっとハマりますし、

シールされていてグラグラもありません。

(前回参照)

あれ?なんか…

マックっぽい。

んなこと無いか。

こちらは水槽内の仕切り板。

濾過槽仕切りと同じく樹脂製。

こちらを水槽内にはめ込んで、

給水用のパイプを設置すれば完成。

給水用のパイプは先端がフレキシブルに動くので、

水流の方向は自由自在。

水流は前回触れたとおりポンプの流量調整で。

給水用パイプは、

水槽設置後に上から刺していくのですが、

ポンプの吸盤ががキチンとくっついていないと、

狙って刺すことは困難です。

仕切り板にガイドがあるので、

仕切り板側にポンプがくっつくように

加工したら良さそうです。

水槽背面には、

付属の活性炭マットが装着できます。

スリムフィルター用のスリムマットシリーズなら、

どれでも使えるようです。

このシリーズなら、いろいろ種類があるし、

ホームセンターなどでも入手が容易なので良いですね。

ここで基本的な物理濾過をしっかりと行うので、

キチンと交換していけば、

下部の濾過槽をいじることはほとんど無いでしょう。

物理濾過を別途にしたことで、

おそらく、外部フィルターの掃除間隔よりも

はるかに長い間放置できるでしょう。

(生物濾過をキチンと立ち上げることが前提です。)

水槽背面のスペースは結構広いです。

写真下方のスリットから排水された水槽水は、

スリムマットを通り、

写真上方のオーバーフロー管から落ちて行きます。

これだけスペースがあれば、

ヒーターを設置したり、

(基本は縦型のヒーター)

エアレーションを行うことも出来そうです。

あ、そういえば、

水槽マットも付いていました。

次回は照明に行きます!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中