壁に苔の素を塗り込む

よし!

今日もやって行こう!

AGS のビバリウム作成の続き。

このコルクバークに、


極床 きわみどこ 超造形君 2L 爬虫類 テラリウム 床材 関東当日便
超造形君を貼り付けていきます。

水を入れて練ります。

ペタペタ、

ペタペタ。

水槽に戻して、

フタのきわを攻めます。

続いて、

特製 苔の素!

乾燥具合と、

細かさを調整した、

こだわりのふりかけです。

これを造形君に練りこんで、

さらに塗り込んでいきます。

コルクバークがほとんど見えなくなりますが、

どうせ、

ジャングルになってしまうので、

良しとします。

それと、

コルクバークを使うことによって、

天然の凹凸を利用できるので、

誰でもそれっぽい造形になると思います。

フラットから造形するには、

センスが必要ですからね。

イモリのビバリウムなので、

当然水も入ります。

コルクバークは水面付近になるよう、

浮かせる形で固定されています。

また、造形君は水没させられないので、

下の方は塗らないでおきます。

造形君が程よく固まるまで半乾燥させて、

次回は、植栽を始めていきます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

広告

壁に苔の素を塗り込む」への6件のフィードバック

  1. ビバリウムいいなあと思ってたのでとても参考になります
    植栽楽しみです

  2. 植物と両生類どっちも好きなのですごく興味があります。
    餌のハードルがちょっと高くて躊躇してしまいますが…

    1. 両生類は人工餌で飼育できるものも多いですよ。
      うちのイモリは金魚の餌を週一であげています。
      ツノガエルも練り餌で大丈夫です。

  3. 生き餌のイメージがありましたが人工餌も大丈夫なんですね
    空いてる水槽があるのでビバリウム挑戦してみたいと思います

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中