普通にアクアテラリウムが好き

我が家から、

熱帯魚水槽、水草水槽というものが

無くなりました。

現在稼働中なのは、

20cmイモリビバリウム:

水深4cmで壁面ブセ育成中。

30cmツノガエルビバリウム:

水無しで各種陸生植物育成中。

以上です。

それで、

現在作成中なのが、

180cmアクアテラリウムです。

水槽の水を抜いて、

カウンターから撤去。

魚やブセは仮住いへ。

丸ノコでウィーンって、

完成。

流木を仮に入れてレイアウトの確認。

流木はまだ塩抜き中なので、

水槽に入るのはもう少し先のお話。

アルミアングルを前面に取り付け。

流木はケルヒャーで高圧洗浄。

最終レイアウト。

この状態で自立できるように、

流木をステンレスビスで固定しました。

背が高いので、

自立できる座りの良さを重視しました。


オーバーフロー水槽として設計しているので、

水槽底面には、排水1、給水2の穴を作りました。

オーバーフローだと、

水槽内の水位が下がらないので、

アクアテラリウムに向いてるんじゃないかと。

水槽台というか下駄。

貧弱に見えるかもしれませんが、

18mm合板だから座屈もしにくいので、

この程度のかさ上げなら問題無しです。

後ろもアングルを接着。

アングルだけでもいけそうですが、

様子を見て、

ステンレス棒でフランジを付けます。

給水配管。

ポンプで揚水して両端の流木裏から吐水。

左右の水量のバランスをとるためのコック。

それと、

水換え時には、吐水口にホースを付けて、

流しに排出したいので、

その際は片側を止められるように。

カウンターに置いてみました。

排水は中央です。

濾過槽は小さめです。

水槽の水量は、180cm x 30cm x 10cmなので、

60cm水槽と同等ですから、

この程度の濾過槽でもいいと思うのですが、

蒸発量が多くなると、

濾過槽の容量が物足りなくなってくるかも。

そしたら、30cmプラ水槽にするかなぁ。

とりあえず、

ポンプが届いてから考えまーす。

広告

普通にアクアテラリウムが好き」への3件のフィードバック

  1. 職人すぎる…!!
    ビールの画像が少な目でしたが
    飲みまくった後だったからですか?(笑)
    立ち上げも楽しみ~♪

  2. 最近こちらを発見してちょいちょい覗き見させてもろてます。
    大変興味深い活動をされてますね!
    色々と勉強になりますわ~。
    またこっそり覗きに来ます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中